Fujitsu ESPRIMO 一体型のパソコンでワイヤレスキーボードとマウスが突然使えなくなった


先日、富士通の一体型PCで突然ワイヤレスキーボードとマウスが使えなくなったとお客様から連絡があり、出張サポートしてきました。

同様の相談が数日前にあったので、Windows Updateの影響だと思い、Bluetoothのドライバを最新のものにすれば直るのかなと思ってました。

しかし、調べてみると、このワイヤレスキーボードとマウスは、無線のレシーバーとの接続で、Bluetoothとはまったく関係ありませんでした。

しかも、起動直後から使えなくなったのではなく、使用中に突然使えなくなったとのことでした。

電池切れかと思いきや、ちゃんと電池の残量もあるし、同時に使えなくなったということであれば、電池切れは考えにくい。

に従って、再接続を試すもダメ。

再起動を何度かしたり、付属ソフトの再インストールなども試してみましたが、改善せず、おそらくレシーバの故障だろうと思って、修理に出すか、別の有線のキーボードとマウス用意するしかないかなと話をし、最後のダメもとで放電作業をしてみようということになりました。

すると、なんと直りました。

シャットダウンして、本体側に差してあるACアダプタなどのケーブル類をすべて外し、その後、電源ボタンを何度か押して、数分待ちました。

これで直りました。

後から、再度ネットで調べてみると、こちらの最後に放電作業がありました。

 

パソコンが起動しないトラブルの際に、放電作業で何度か直ったことはありますが、ワイヤレスキーボードとマウスが放電作業で直ったことはなかったので、今回も大変勉強になりました。

修理サポート実績

Comments are disabled.

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お住まいの郵便番号
 (住所自動表示)

お問い合わせ・ご相談内容

送信前に問い合わせ内容を確認してチェックボックスをクリックしてください。