【解決】office 2013 をインストールしたいのに2016が入ってしまうoffice personal premium

久しぶりのPCサポート日記となります。今回はマイクロソフトのサポートの方にとても助けていただいたので、忘れないうちにまとめておきたいと思います。
office 2013をインストールしたいけどできないというお問い合わせ

富士通のノートPC「FMV LIFEBOOK AH30/S FMVA30SB」で、officeを使っていて、いつの間にか2016にバージョンアップされてしまった。ユーキャンの教材が2013対応なので、戻そうと思い、2016をアンインストール。その後、2013を再インストールしようとするものの、マイクロソフトアカウントの認証でわからなくなってしまった。

というお問い合わせをいただきました。
詳細を確認すると、マイクロソフトアカウントが2つあり、最初登録した際に、プロバイダのxxx@xx.xxx.jp(仮名)というメールアドレスで登録したが、うまくいかなかったので、新規にaaa@outlook.jp(仮名)を作って、通常はaaa@outlook.jpで使っているとのことでした。
aaa@outlook.jpでofficeをインストールしようと、他のマイクロソフトアカウントに紐づけされているので、インストールできないとのことでした。
それならば、xxx@xx.xxx.jpのほうのマイクロソフトアカウントでログインし、インストールすれば大丈夫だと軽く考えて、30分ぐらいで作業を完了できると思いご訪問いたしました。
xxx@xx.xxx.jpはメールアドレスではなかった
早速、パソコンを確認し、2つのアカウントが存在することを確認し、xxx@xx.xxx.jpのほうでログインしました。
(後に分かるのですが、どちらでログインしようと、office.comにログインするときには、改めてマイクロソフトアカウントを入力するので、PCのログインとは関係ありません。)
office.com/setupからxxx@xx.xxx.jpでログインしようとすると、認証メールを送ったから確認してくれとのこと。しかしお客様はこのプロバイダのxxx@xx.xxx.jpのメールアドレスは使用しておらず、プロバイダのウェブサイトからウェブメールで確認しようとするも、どうも要領を得ません。
書類などを調べてみると、これはお客様IDであって、メールアドレスではないということがわかりました。つまり存在しないメールアドレスで登録しているので、そもそも認証作業を終えていませんでした。
認証作業を終えるために、エイリアスといって別のメールアドレスを登録するために、googleのアカウントを新規取得したのち、zzz@gmail.com(仮名)というgmailアドレスを登録し、無事認証を終えました。
やっと準備が整い、改めてofficeをインストールしようとライセンスキーを入力すると、ライセンスキーは有効だが、他のマイクロソフトアカウントに紐づけされているので、そちらからログインしてくれとのこと。そのアドレスが、yy******@outlook.jp(仮名)ということでした。
当然といえば、当然なのですが、認証を終えていないのですから、そこに紐づけされているわけがなく、実際に紐づけされているのは別のマイクロソフトアカウントだったのです。
3つめのマイクロソフトアカウントの存在が分かるも心当たりがない
yy******@outlook.jpの*は伏字で、マイクロソフトアカウントが分からない状態です。お客様に確認しても、わからないし、メモも残っていません。
完全にお手上げ状態だったのですが、マイクロソフトアカウントが分からない場合はサポートへという記載があったので、ダメもとでサポートに頼ることにしました。
サポートへの問い合わせは、電話かチャットが選べるのですが、チャットのほうが早そうだったので、こちらを選びました。これが後から功を奏します。
10分ほど待つとサポートにつながり、要件を伝えます。いろいろとやり取りを経ると、yy******@outlook.jpのマイクロソフトアカウントはセキュリティの関係で、サポートでもわからないし、わかったとしてもお伝えすることはできない。ただし、officeが付属されていたパソコンの購入証明書があれば、現在のzzz@gmail.comのマイクロソフトアカウントに再登録することができるということでした。
購入証明書、つまりレシートです。そのレシートをデジカメかスキャナなどでパソコンに取り込んでもらえたら、遠隔操作で確認をするとのこと。お客様にレシートを探してもらうと無事見つかって、デジカメで撮影後、PCに取り込みました。遠隔操作を許可するため、サポートの指示通りに一定の操作を行い、無事確認してもらうことができました。
再登録の作業は、マイクロソフトアカウントに手順をメールするということだったので、メールに書かれた手順で再登録を完了し、無事officeのダウンロードを行うことができました。
ここで目的は達成することができましたので、サポートの方に感謝をお伝えし、遠隔操作とチャットを終了しました。
ちなみにチャット終了後、アンケートがあるのですが、サポートの満足度は5つ星。製品の満足度は1つ星としておきました。
2013をインストールしたつもりが2016でインストールされてしまった
ここで既に2時間経過。無事インストールを終え、Excelを立ち上げてみると、なんと2016でインストールされていました。2013のライセンスキーなのになんで?と思い、再度サポートへ。
先の担当者とは別の方にサポートしていただくことになり、1回目のお問い合わせ番号をお伝えし、これまでの経緯を確認していただきました。
チャットだとテキストで経緯が残るので、そのままコピーしてメモ帳などに貼り付け保存しておけば、記録が残ります。ここに残されたお問い合わせ番号を残しておいたおかげで、話が早く進みました。
サポートの方にお聞きすると、office premiumという製品は、最新のofficeを利用できる製品で、現在は2013をインストールできないということでした。ユーキャンの教材を使用するためという目的をお伝えすると、今回は特別に2013をインストールしてくれるということで、再度遠隔操作を作業を行ってくれることになりました。
特別なURLからダウンロードするため、ブラウザに履歴が残らないように、InPrivateブラウズという機能を使っていましたので、あとからこっそりダウンロードというわけにはいきません。さすがです。
パソコンの処理速度が遅かったため、多少もたついた点もありましたが、お任せすること20分。無事2013をインストールすることができました。
ライセンス認証がエラーで通らなくても大丈夫
インストール完了後、動作確認のため起動すると、最初にライセンス認証の画面が出てきます。これもサポートの方にお任せしていたのですが、なぜかライセンス認証が通りません。もしかしたらと気が付いた点をチャットで入力しようとして、マウスを動かそうとしたところ、サポートの方に、「大丈夫だから任せて!」と半分キレられたのはご愛敬。サポートの方にインストールIDの入力と確認IDを取得してもらって、無事ライセンス認証も通りました。
サポートの方に何から何まで遠隔操作でやってもらったという経験がなかったので、マイクロソフトのサポートって最強!と思いました。ただ、そこまで至るまでには大きなハードルがあるのも事実。初心者~中級者なら、やっぱりチャットより電話を選んでしまいますもんね。
マイクロソフト製品のトラブルはチャットで問い合わせしよう
今回、ちょっと無理を通してもらったような感じですが、とてもいい経験をさせていただきました。これからマイクロソフト製品でトラブったら、まずチャットで問い合わせすることから始めてみたいと思います。
 
 
 
 

Windows10でEdgeを開いたときにウィンドウサイズが大きくならない場合の解決方法

こんにちは。ハヤゾーPCサポートの山中です。最近、急に寒くなってきましたね。やっと秋らしくなってきましたが、今日は秋晴れの気持ちいい日だったので、車を使わず移動してみました。市役所まで歩き所用をすませ、万葉線を使って駅前のお客様へ出張サポートして、古城公園を散歩しながら帰ってきました。一度通ってみたかった狭い路地や、じっくり見て回ることのない駅地下なんかも探検しました。車の移動では見えない景色を楽しめたり、いろんな発見もできるので、時間に余裕があれば、ぜひ車を使わずに歩いて移動を楽しんでみてはいかがでしょうか。ちなみに、歩いた分の消費カロリーは、高岡駅地下のタイショウカレーで帳消しになりました…。インターネット(Edge)を起動したときウィンドウサイズが最大化されないさて先日、出張サポートさせていただいたお客様からいただいたお悩みにこういったことがありました。「インターネット(Edge)を開くとウィンドウサイズが大きくならず小さいままなのでいちいち大きく(ウィンドウ最大化)するのが面倒なのですが、どうにかなりませんか」というものです。通常、ウィンドウサイズは閉じた時のものを記憶しているので、ウィンドウを最大化して閉じれば、次回起動時も最大化されるはずですが、そうならず、小さいままのウィンドウで起動されてしまいます。Ctrl+×で無事解決しましたが...。普段そういったことを気にしたことはなかったので調べてみると、「CTRLキーを押しながら×で閉じる」で記憶されるという情報がいくつかありました。試してみると、ばっちりうまくいきました。お客様にご説明して納得していただいたのですが、なぜこうなったのか原因はわかりませんでしたが、WIndows10、Edgeというところで、想定される不具合なのかなと思ったりしています。もしご存知のかたがいらっしゃれば教えてください。

「アクセスが拒否されました」とファイルが見れなくなったとき

パソコンの内蔵ハードディスクを取り出して、他のパソコンから見ようとしたとき、ファイルが見れないことがあります。アクセス権限の問題なので、フォルダにアクセス権の設定を行う必要があります。下記の方法がわかりやすいです。「アクセスが拒否されました。」フォルダのアクセス権にアカウントを追加・削除する方法

Windows7のSP1のインストールができない(E_UNEXPECTED 0x8000ffffという致命的なエラー)

本日、新規のお客様からWindows7のパソコンが正常に起動できないというご連絡をいただきました。症状は、Windowsのロゴが出た後に、マウスの矢印は出てくるのですが、そのまま画面が真っ黒で先に進まない。うまくシステムの復元でいければいいのですが、ダメなら、リカバリ作業となります。 結果は、復元ポイントが2011年のものしかなく、ほぼ購入時の状態になることや、システムが不安定の状態で復元を行うと、既存のデータがやられるリスクもあるため、ハードディスクを新規に入れ替えて、そちらにリカバリすることにしました。リカバリディスクがないとのことでしたので、一度、ハードディスクを丸ごとコピーし、コピーしたハードディスクのリカバリ領域からリカバリし、正常起動しました。 丸ごとコピーには、ライフボートのコピーワークスを使いました。またコピー後、リカバリ領域から起動をかけるために、Ultimate Boot CDというツールにある、Part Magicというパーテーション管理ツールを使って、リカバリ領域のパーテーションにbootフラグを立てました。 正常起動したので、Windows Updateをかけようと思ったのですが、「現在サービスが実行されていないため、Windows Update で更新プログラムを確認できません 」というエラーで更新できず。サービスパックが適用されていないWindows7だったので、違うパソコンからSP1をダウンロードし、リカバリしたパソコンで実行するも、致命的なエラーE_UNEXPECTED 0x8000ffffということでインストールできず。インターネットエクスプローラーでスタートページは表示するものの、次のページにはアクセスできず、これは何かおかしいと思い、ESETの体験版をインストールし、定義データベースを最新に更新して、スキャンをかけるもウィルスは検出されず。 それで、いろいろ調べていたところ、たどり着いたのがこちらの情報HDDを換えてからwindows updateが出来ない状態です。ということで、原因はハードディスクの交換でした。元のハードディスクはウェスタンデジタルのWD1600B(160GB)で新しいハードディスクはTOSHIBAのMQ01ABD050(500GB)。パソコンはlenovoG550の2958。結果、上記に書いてあるように、Intel Rapid Storage Technologyドライバーをインストールすることで解決しました。http://faq.epsondirect.co.jp/faq/dl/app/servlet/qadoc?030561 ハードディスクの交換ぐらいであれば、パソコンの背面のパネルを空けて、静電気に気をつけながら作業すれば、比較的簡単にできます。リカバリディスクがあれば、ディスクをいれて起動すれば、リカバリも簡単にできます。 ただ、ハードディスクをコピーしたり、パーテーションをいじったり、普段から鬼門だったりするWindows Updateでエラーが出たりすると、ちょっと難しいかもしれません。Windows Vistaや7をリカバリするときには、こういったリスクがあるということも知っておいた方がいいかもしれませんね。  

【緊急注意】ランサムウェア(Zepto/Locky亜種)の被害が発生しました

弊社のお客様でランサムウェアの被害が発生いたしました。「ランサムウェア(Ransomware)」とは?ランサムウェアとは、感染したPCをロックしたり、ファイルを暗号化したりすることによって使用不能にしたのち、元に戻すことと引き換えに「身代金」を要求する不正プログラムです。身代金要求型不正プログラムとも呼ばれます。トレンドマイクロ社より今回の被害は、word、excel、pdf、jpgなどよく使うファイルが暗号化され、zeptoという拡張子に変わり、使用できなくなりました。暗号化されたファイルは、暗号化キーが分からない限り、復元することは不可能です。つまり、大事なファイルを完全に削除されてしまったということと同じです。 

Windows Live メールで0x8DE00005エラー。hotmailが送受信できない場合の対処法

【重要】8月23日から、windows live mail 2012でhotmailの送受信ができなくなり、この記事を見て何件がご連絡をいただきました。outlook.comのアドレスになりますが、改めて動作を確認していたところ、受信はできましたが、送信ができず、いろいろと設定を変えてみても、うまくいきませんでした。「windows livemail outlook.com」で検索してみると、マイクロソフトのサポートにwindows live mail 2012ではoutlook.comのメールの送受信ができなくなるというアナウンスがありました。いつからということは書いていませんでしたが、どうやらこの時期だったということかもしれません。代替手段としては、ブラウザでoutlook.comから参照するか、Windows8.1もしくは10であれば、メールアプリを使う。7であれば、officeのoutlookかThunderbirdなどのメールソフトを使うことになります。詳しくは下記をご覧くださいWindows Live メール 2012 が Outlook.com に接続されないなので、下記の記事は参考にならなくなりましたので、ご了承くださいませ。  ハヤゾーPCサポートの山中です。ウェブサイトを新しくしてから初めてのブログになります。日々のPCサポート業務や皆様にお役にたてるような情報をお届けしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 さて、今回は本日サポートさせていただいたお客様の事例をご紹介いたします。Windows Live メールでhotmailが送受信できない ご相談内容は、「Windows7でWindows Live メールを使っているのですが、半年前からメールの送受信ができなくなってしまいました。最近になって仕事で使う必要が出てきたので、使えるようにしてほしいです。メールアドレスはhotmailを使っています。」とのこと。 ご訪問させていただいて、早速、問題の症状を確認します。送受信をすると下記のエラーが発生し送受信できないことを確認しました。〇〇〇〇〇(〇〇〇〇〇)アカウントでメッセージを送受信できません。サーバーエラー:3219サーバー:https://mail.services.live.com/DeltaSync_v2.0.0/Sync.aspxWindows Live メール エラーID: 0x8DE00005私はhotmailを使ったことがなかったので、知らなかったのですが、Windows Live メールにhotmailを設定するときは、アカウントの追加時に、メールアドレスとパスワードを入れるだけでいいんですね。後は勝手に設定してくれます。(※画像のメールアドレスはダミーです。ここにメールしても届きません。存在している可能性があるのでモザイクで消しました。)  hotmailはOutlook.comと統合されていた 「hotmail エラー 3219」で検索してみると、情報がたくさんでてきました。みなさん同じ現象で苦労しているようです。古い情報もあり、参考にならないものが多かったのですが、いくつかヒントを得ることができました。 この3219というエラーはSSLに関するエラーらしいということと、hotmailはMicrosoftアカウントを作成する際に無料でメールアドレスを取得できるサービスのOutlook.comと統合?バージョンアップ?されていたということです。ということは、hotmailの仕様が変わったせいで、送受信できなくなったのではないかと考えました。 hotmailといえども、通常のPOPとSMTPで接続できるはずなので、このサーバー名が分かれば、新規にメールアドレスを設定し直せば解決しそうです。また、gmailのようにWEBメールをPOPで受信する場合は、WEBメール側でIMAPにするかPOPにするかを設定しなければならないので、Microsoftアカウントにサインインして、設定してあげる必要がありそうです。無事解決しました予想した通り、Microsoftアカウントから設定してうまくいきました。そこから、サーバー名などの設定情報も分かり、Windows Live メールでアカウントを新規追加して無事送受信できるようになりました。以下、簡単ですが、その手順をご説明します。1.マイクロソフトアカウントにサインインするhttps://login.live.comにアクセスしhotmailのメールアドレスでサインイン(ログイン)します。2.左側のプロフィールにある「受信トレイを表示する」をクリック3.右上部にある設定アイコンをクリックし、オプションをクリック4.左側メニューのアカウントにある「POPとIMAP」をクリック5.POPオプションを「はい」として、上部の保存をクリック。6.一度、左側メニューの適当なものをクリックし、再び「POPとIMAP」をクリック7.POPの設定、SMTPの設定を使って、Windows Live メールでメールアドレスの設定を新規に追加します。画面左上の、ホームの左側にある青いボタンをクリックし、「オプション」から、「電子メールアカウント」をクリックします。8.右側の「追加」ボタンをクリックします。9.電子メールアカウントが選択されていることを確認し、そのまま「次へ」ボタンをクリック。10.電子メールアドレスに、現在使用しているhotmailのメールアドレスを入力し、同じくパスワードも現在使用しているものを入力します。表示名は何でもよいのでお名前をそのまま入力します。大事なのは、必ず手動でサーバー設定を構成するにチェックを入れて「次へ」ボタンをクリックします。11.6で表示されていた情報をそれぞれ入力します。ログオンユーザー名は、メールアドレスをそのまま入力します。[受信サーバー情報]サーバーの種類:POPサーバーのアドレス:pop-mail.outlook.comポート:995(下記にチェックを入れると自動で変わります)セキュリティで保護された接続(SSL)が必要:チェックを入れるログオンユーザー名:現在使用しているhotmailのメールアドレスになっているのを確認する[送信サーバー情報]サーバーのアドレス:smtp-mail.outlook.comポート:587(こちらは入力します)セキュリティで保護された接続(SSL)が必要:チェックを入れる(画面に入っていませんがチェックを入れます)認証が必要:チェックを入れる(画面に入っていませんが、チェックを入れます)12.以上で設定が終わりました。完了ボタンをクリックします。  13.この画面はそのまま閉じて、後は送受信できるかどうかを確認してください。いかがでしたでしょうか。少し内容が難しくなってしまいましたが、もし同様の症状でお悩みの方のお役に立てたらと思います。 追記/2016年8月23日より上記の件で県外の方から数件お問い合わせをいただいております。7番以降の設定がよくわからないとご質問されるので、8月24日に追記いたしました。追記2/こちらの記事を作るにあたり、動作を確認していたところ、送信がうまくできませんでした。調べてみると、windows live mail 2012ではoutlook.comのメールの送受信ができなくなったということでした。詳しくは下記をご覧くださいWindows Live メール 2012 が Outlook.com に接続されない